不妊ストレス 飲酒不妊  赤ちゃんのために必要なお母さんの準備

妊活にはかかせない
厚生労働省もすすめる●●が話題に!

赤ちゃんがほしい
大好きな彼の子供を生みたい
二人目ができない


厚生労働省もすすめる、あるものとは? →詳しくはこちら


結婚してすぐ、大好きな旦那さんとの子供を授かりたくて、妊活を始めました!


基礎体温などを測ってカレンダーもきちんと付けて、排卵予定日前から毎日のように旦那にお願いしていました。


しかしなかなか授かることが出来ず、それでも諦めないようにがんばっていました。旦那も仕事で疲れているだろうけど、2人の子供のことだし、と思ってなのか、最初は拒否されませんでした。



しかし最近ではささっとやって終わり!というのが続いています。



こんなんでいいの!?と、その頃からずっと悩んでいました。

しかしそれからも、一度も妊娠することがなく5年が経過しました。
タイミング法から体外受精、顕微授精、卵子凍結などあらゆることに挑戦してきました。



私の両親や、義理の両親にも「なぜ子供ができないのか」と言われるたびに胸が引き裂かれる思いです。

無理なのかな、諦めたほうが良いのかな、次こそは、次こそは…と考える毎日。



けれど、正直限界でした...



SNSに子供の写真ばかり載せるようになった友人を妬んでみたり、
旦那に八つ当たりしたり。

自分で自分が嫌になってしまって...



そんな時、友達から言われました。



赤ちゃんのために、
ほんとうに必要な「お母さんのカラダの準備」してる?

・子宮が元気になる

・ちゃんと着床しやすいカラダになる

まずあなたが、元気でなくちゃ!と。



妊活しているママ友で評判の
葉酸」ってサプリ知ってる?



でも、
変なものを飲んで、カラダが調子悪くなるのも心配でした。



この葉酸は、
厚生労働省が勧めるモノグルタミン酸型葉酸
日本製だから、安心して飲めるよ



そんな彼女も不妊治療を経てやっと子供ができていたのを知っているので、

まだ大丈夫、諦めちゃダメだよ!という言葉はとても響きました。





何もかもあきらめていた私、だけど、この葉酸を飲むことで「赤ちゃんに良いことをしているんだ



と頑張っている自分を褒めてあげられる、そんな実感が心強かったんです。



>>公式サイトで口コミを見る



葉酸を飲み始めていくらか経った頃、無事に赤ちゃんを授かることが出来ました。

本当に、毎日憂鬱でどん底の気分でしたが、今は心おだやかに生まれてくる赤ちゃんを迎える準備をしています。



同じ悩みを抱えている方は少なくないと思います。



自分には何も出来ないと考えてしまうくらいなら、「少しだけでも赤ちゃんに良いことを」と考え、

この「ジーノ葉酸480」を試してみて下さい。



>>公式サイトで口コミを見る


























葉酸サプリと言うと、不妊にも効果を見せると言われます。なかんずく、男性側に原因がある不妊に実効性があると言われていまして、健全な精子を作ることに有益だそうです。
筋肉というものは、全身を動かすのはもちろん、血液を全身のいたるところに循環させる機能を果たします。よって、筋肉を鍛えますと子宮への血液循環が促進され、冷え性改善の一助となることがあるようです。
数十年前までは、女性側だけに原因があるとされていた不妊症ではありますが、はっきり言って男性不妊も結構あり、男女カップル一緒になって治療に取り組むことが必要です。
不妊には諸々の原因があるわけです。その中の1つが、基礎体温の異変ということになります。基礎体温が異常を来すことで、生殖機能も本来の働きをしなくなることがあるとされています。
子どもを願っても、なかなか懐妊できないという不妊症は、実際のところ夫婦共通の問題だと考えられます。だったとしても、それに関しましてプレッシャーを感じてしまうのは、格段に女性だと言えそうです。

マカサプリさえ用いれば、間違いなく効果が見られるなどとは考えないでください。人それぞれ不妊の原因は異なるものですので、忘れずに医者で検査を受けることが大事になってきます。
妊娠2~3ヶ月ごろまでと比較的安定する妊娠後期とで、体内に入れる妊活サプリを交換すると言う人もいましたが、いずれの時期だろうと胎児の発育に影響するので、無添加のサプリをおすすめしたいですね。
医者にかからないといけないくらいデブっているなど、どこまでも体重がアップしていく時は、ホルモンバランスがおかしくなり、生理不順に襲われる可能性があります。
不妊症と申しますと、現状でははっきりしていない部分がたくさんあるとされています。そういうわけで原因を見極めることなく、予想される問題点を克服していくのが、病・医院の平均的な不妊治療の手順です。
「二世を授かる」、そして「母子共々異常なく出産にたどり着いた」というのは、確かに考えている以上の驚異の積み重ねだと言い切れると、自分自身の出産経験を経て感じています。

不妊症を治すためには、とにかく冷え性改善を意図して、血流が円滑な身体作りに努め、身体全組織の機能を活発化するということがポイントとなると言えます。
通常生活を見直すだけでも、結構冷え性改善効果が見られるはずですが、それでもなお症状に変化が見られない場合は、病院に行って診てもらうことを選択するべきでしょうね。
不妊治療として、「食べ物に留意する」「冷えに気を付ける」「有酸素運動をやる」「生活のリズムを一定にする」など、自分なりに実行していらっしゃることと思います。
妊娠できるようにと、葉酸サプリを飲み始めたのですが、添加物が含有されていることがわかったので、直ちに無添加製品に変えました。何と言ってもリスクは避けたいと思いますからね。
結婚年齢の上昇が災いして、赤ちゃんを作りたいと期待して治療に邁進しても、簡単には出産できない方が稀ではないという現状を知っておくべきでしょう。

このページの先頭へ