不妊ストレス 高齢体外受精  赤ちゃんのために必要なお母さんの準備

妊活にはかかせない
厚生労働省もすすめる●●が話題に!

赤ちゃんがほしい
大好きな彼の子供を生みたい
二人目ができない


厚生労働省もすすめる、あるものとは? →詳しくはこちら


結婚してすぐ、大好きな旦那さんとの子供を授かりたくて、妊活を始めました!


基礎体温などを測ってカレンダーもきちんと付けて、排卵予定日前から毎日のように旦那にお願いしていました。


しかしなかなか授かることが出来ず、それでも諦めないようにがんばっていました。旦那も仕事で疲れているだろうけど、2人の子供のことだし、と思ってなのか、最初は拒否されませんでした。



しかし最近ではささっとやって終わり!というのが続いています。



こんなんでいいの!?と、その頃からずっと悩んでいました。

しかしそれからも、一度も妊娠することがなく5年が経過しました。
タイミング法から体外受精、顕微授精、卵子凍結などあらゆることに挑戦してきました。



私の両親や、義理の両親にも「なぜ子供ができないのか」と言われるたびに胸が引き裂かれる思いです。

無理なのかな、諦めたほうが良いのかな、次こそは、次こそは…と考える毎日。



けれど、正直限界でした...



SNSに子供の写真ばかり載せるようになった友人を妬んでみたり、
旦那に八つ当たりしたり。

自分で自分が嫌になってしまって...



そんな時、友達から言われました。



赤ちゃんのために、
ほんとうに必要な「お母さんのカラダの準備」してる?

・子宮が元気になる

・ちゃんと着床しやすいカラダになる

まずあなたが、元気でなくちゃ!と。



妊活しているママ友で評判の
葉酸」ってサプリ知ってる?



でも、
変なものを飲んで、カラダが調子悪くなるのも心配でした。



この葉酸は、
厚生労働省が勧めるモノグルタミン酸型葉酸
日本製だから、安心して飲めるよ



そんな彼女も不妊治療を経てやっと子供ができていたのを知っているので、

まだ大丈夫、諦めちゃダメだよ!という言葉はとても響きました。





何もかもあきらめていた私、だけど、この葉酸を飲むことで「赤ちゃんに良いことをしているんだ



と頑張っている自分を褒めてあげられる、そんな実感が心強かったんです。



>>公式サイトで口コミを見る



葉酸を飲み始めていくらか経った頃、無事に赤ちゃんを授かることが出来ました。

本当に、毎日憂鬱でどん底の気分でしたが、今は心おだやかに生まれてくる赤ちゃんを迎える準備をしています。



同じ悩みを抱えている方は少なくないと思います。



自分には何も出来ないと考えてしまうくらいなら、「少しだけでも赤ちゃんに良いことを」と考え、

この「ジーノ葉酸480」を試してみて下さい。



>>公式サイトで口コミを見る


























「自然に任せて妊娠したい」というのは、赤ちゃんを生み育てたいという妊娠経験のない方は言うまでもなく、不妊治療に精を出している方まで、同じように抱いている思いです。その様な方々のために、妊娠しやすくなるサプリメントを教示します。
いろんな食品を、バランスを考えて食べる、少々汗をかくくらいの運動を実施する、適度な睡眠時間をとる、過度なストレスは排除するというのは、妊活とは異なる場合でも至極当然のことだと思いますね。
不妊症と言うと、現在のところ不明な点がたくさんあるとされています。そういうわけで原因を特定せずに、想定される問題点を打ち消していくのが、産婦人科病院の標準的な不妊治療の進め方になります。
今日の不妊の原因に関しては、女性だけにあるのではなく、半分は男性の方にだってあると指摘されているわけです。男性側の問題で妊娠に至らないことを、「男性不妊」と呼ばれます。
不妊症のカップルが増えているみたいです。調査しますと、男女ペアの15%くらいが不妊症のようで、その主な理由は晩婚化に違いないと言われています。

妊娠を期待しているご夫婦の中で、10%前後が不妊症だと聞きます。不妊治療をやっているカップルの立場からしたら、不妊治療以外の方法を見つけてみたいと願ったとしても、当然でしょう。
ルイボスティーは、35歳以上の方で出産を希望して妊活に取り組んでいる方は、最優先に服用したいものですが、ちょっと味にクセがあり、飲む時点で参ってしまう人も多々あるそうです。
女性の冷え性は、子宮に悪い影響を及ぼすことが判明しています。もちろん、不妊を招く大きな要因だと想定されていますから、冷え性改善を成し遂げれば、妊娠する可能性は一段と高まることになります。
性ホルモンの分泌に効果が期待できるサプリが、いろんな人に知られるようになってから、サプリを利用して体質を上向かせることで、不妊症を撥ね退けようという考え方が多くなってきました。
不妊治療ということで、「毎日の食事を意識する」「体の冷えに留意する」「エクササイズなどを実践する」「ライフサイクルを正常化する」など、一所懸命努力しておられるでしょう。

妊娠したいと考えても、早々に子供を懐妊することができるというわけではありません。妊娠したいという場合は、知っておかなければならないことや実行しておきたいことが、いっぱいあるものなのです。
この頃は、不妊症で苦悶している人が、想定以上に増しているそうです。一方で、医療施設における不妊治療も難しいものがあり、カップル揃って不快な思いをしていることが多くあるそうです。
医者の世話にならないといけないほど太っているとか、いつまでもウェイトが増え続ける状況だと、ホルモンバランスが悪化し、生理不順状態になることがあるようです。
「不妊治療」と言いますと、概ね女性の負担が大きくなってしまうイメージがあるでしょう。極力、普通の形で妊娠できる可能性が高くなれば、それが一番の望みだと言っていいでしょう。
「赤ちゃんを宿す」、そして「母子共々異常なく出産にたどり着いた」というのは、いわばいろいろな驚異の積み重ねだと断言できると、自分自身の出産経験を介して実感しています。

このページの先頭へ