不妊ストレス 人工授精禁欲期間  赤ちゃんのために必要なお母さんの準備

妊活にはかかせない
厚生労働省もすすめる●●が話題に!

赤ちゃんがほしい
大好きな彼の子供を生みたい
二人目ができない


厚生労働省もすすめる、あるものとは? →詳しくはこちら


結婚してすぐ、大好きな旦那さんとの子供を授かりたくて、妊活を始めました!


基礎体温などを測ってカレンダーもきちんと付けて、排卵予定日前から毎日のように旦那にお願いしていました。


しかしなかなか授かることが出来ず、それでも諦めないようにがんばっていました。旦那も仕事で疲れているだろうけど、2人の子供のことだし、と思ってなのか、最初は拒否されませんでした。



しかし最近ではささっとやって終わり!というのが続いています。



こんなんでいいの!?と、その頃からずっと悩んでいました。

しかしそれからも、一度も妊娠することがなく5年が経過しました。
タイミング法から体外受精、顕微授精、卵子凍結などあらゆることに挑戦してきました。



私の両親や、義理の両親にも「なぜ子供ができないのか」と言われるたびに胸が引き裂かれる思いです。

無理なのかな、諦めたほうが良いのかな、次こそは、次こそは…と考える毎日。



けれど、正直限界でした...



SNSに子供の写真ばかり載せるようになった友人を妬んでみたり、
旦那に八つ当たりしたり。

自分で自分が嫌になってしまって...



そんな時、友達から言われました。



赤ちゃんのために、
ほんとうに必要な「お母さんのカラダの準備」してる?

・子宮が元気になる

・ちゃんと着床しやすいカラダになる

まずあなたが、元気でなくちゃ!と。



妊活しているママ友で評判の
葉酸」ってサプリ知ってる?



でも、
変なものを飲んで、カラダが調子悪くなるのも心配でした。



この葉酸は、
厚生労働省が勧めるモノグルタミン酸型葉酸
日本製だから、安心して飲めるよ



そんな彼女も不妊治療を経てやっと子供ができていたのを知っているので、

まだ大丈夫、諦めちゃダメだよ!という言葉はとても響きました。





何もかもあきらめていた私、だけど、この葉酸を飲むことで「赤ちゃんに良いことをしているんだ



と頑張っている自分を褒めてあげられる、そんな実感が心強かったんです。



>>公式サイトで口コミを見る



葉酸を飲み始めていくらか経った頃、無事に赤ちゃんを授かることが出来ました。

本当に、毎日憂鬱でどん底の気分でしたが、今は心おだやかに生まれてくる赤ちゃんを迎える準備をしています。



同じ悩みを抱えている方は少なくないと思います。



自分には何も出来ないと考えてしまうくらいなら、「少しだけでも赤ちゃんに良いことを」と考え、

この「ジーノ葉酸480」を試してみて下さい。



>>公式サイトで口コミを見る


























不要な脂肪を燃焼するためのダイエットなら必要でしょうが、ダイエット方法がきつ過ぎると、ストレスに襲われてしまい、生理不順は言うまでもなく、多種多様な悪影響が齎されるでしょう。
葉酸というものは、細胞分裂を援護し、ターンオーバーを活発にしてくれます。そんな理由から、脂肪燃焼を活発にしたり、腸内運動を補助するという効果を発揮します。
妊活をしている最中は、「結果がまだ出ていないこと」で苦悩するより、「今このタイミング」「今の立場で」やれることを実行してストレスを解消した方が、常日頃の生活も満足できるものになるでしょう。
妊娠を目指している方や、妊娠の最中にいる方なら、何としてもチェックしてほしいと考えているのが葉酸になります。注目を博すに伴って、いろんな葉酸サプリが売りに出されるようになりました。
どんな理由があって葉酸が不可欠なのかと申しますと、遺伝子の構成要素であるDNA合成になくてはならないものだからです。バランスの悪い食事や断食系のダイエットをしないようにすれば、葉酸が乏しくなることはほとんど考えられません。

食事に加えて、葉酸サプリを飲むことにすれば、不妊治療との協働作用をも目論めますので、葉酸を飲むことを日課にして、あくせくしないくらしをしてみることをおすすめしたいと思います。
避妊対策をすることなく夜の営みを持って、1年経過したにもかかわらず子供を授かれないとしたら、何らかの不具合があると思いますので、不妊治療に定評のある病院で、不妊検査を受けるべきです。
このところ、手間を掛けずにできる不妊治療の一番手として、葉酸サプリが重宝されているようで、産婦人科学会の研究発表会でも、葉酸を用いた不妊治療効果をテーマにした論文が披露されています。
妊活サプリを摂取する計画なら、女性の側にとどまらず、男性の側も摂取すると精子のクォリティーもアップするので、従来より妊娠効果を期待することができたり、胎児の希望通りの生育を目指すことができるわけです。
私が摂っていた葉酸サプリは、安全性を重視した廉価なサプリでした。「安全性第一」と「割安」というお陰で、飲み続けることができたのだろうと思われます。

女性の側は「妊活」として、普段よりどの様な事を行なっているのか?生活している中で、自発的に実践していることについて教えて貰いました。
妊娠しやすい人は、「不妊状態が続いていることを深く受け止めないようにしている人」、よりシンプルに言うと、「不妊ごときは、生活のほんの一部分だと受け止めている人」ではないでしょうか。
妊婦さんに関しましては、お腹に胎児がいるのですから、要らない添加物を摂り込むと、悪い結果がもたらされることも想定されるのです。従いまして、通常摂る葉酸サプリも、無添加商品をおすすめします。
結婚年齢アップが元で、赤ん坊を授かりたいと期待して治療を頑張ったとしても、簡単には出産できない方が大勢いるという実情を知っていらっしゃいましたか?
「不妊治療に精を出しているのに、赤ちゃんの兆しがない」、「同年代の女性は出産して幸せいっぱいなのに、どうしてわたしだけ?」こういった思いをした女性は稀ではないと思われます。

このページの先頭へ